SVCC2016 part3

3月20日。この日は朝の8時からScreen Usedさんの映画小道具オークションがありました。BTTFの小道具もいくつか出店されるようなので、買えるわけはないですが見学だけ。映画の小道具は、安いものだと500ドルくらいのものから高いものだと7万ドルくらいのものまであります。一番の目玉はBTTFでドクが使っていた思考読み取りヘルメットで、落札額はなんと7万ドル。世界にはこんなものを買えるお金持ちが本当に存在するんですね。
このオークションで出店された小道具はイベント中ずっと展示されていたので、私もBTTFの小道具を生で見ることができました。
そのうちのいくつかをご紹介。ドクの思考読み取り機にマーティのJohnny B. Goodeジャケット。ドクからの手紙、その手前にあるのはドクのウエスタンハット、そしてスポーツ年鑑です。
f:id:nishai-higadhi:20160327152946j:imagef:id:nishai-higadhi:20160327152949j:imagef:id:nishai-higadhi:20160327152956j:imagef:id:nishai-higadhi:20160327153026j:image


オークションが終わると、昨日と同じように入場の列へ並びました。ドアが開くと、私は真っ先に昨日も行ったデロリアンのフォトブースへ。今日はこのためにマーティの衣装を揃えてきたのです。と言っても一見ただの私服にも見えるマーティもどきな格好ですが。デロリアンの前に立ってお馴染みのあのポーズを決めると、これが案外難しい。BTTFファンの人に聞いたところ「あのポーズは初めはみんな上手くいかないけど、経験を積めば上手くなる」らしいです。
f:id:nishai-higadhi:20160327153509j:image
グリフさんにこう言われちゃ私も寄付しないわけにはいかない。良いマテリアルですね。


その後、リー・トンプソンさんにサインをもらいに行きました。事前にチケットを買っていなかったので無事もらえるか心配でしたが、係の人に聞いたところ現金でも大丈夫だそうで。トンプソンさんはとても気さくな方で、サインに私の名前とメッセージを書いてくれたり、私のマーティの格好を褒めてくれたり、サインと一緒に写真に写ってくれたりしました。本当に優しい方。
f:id:nishai-higadhi:20160327153803j:imagef:id:nishai-higadhi:20160327153806j:image

それから、今回のイベントにはBTTF完全大図鑑の著者であるマイケル・クラストリンさんも出席していて、少しだけお話しをしてきました。お話しというか、私が一方的に感想を伝えただけな気がしますが。マイケルさんも私のマーティの格好を褒めてくださいました。

お昼を過ぎると、今度はロイド氏とデロリアンの写真撮影。ロイド氏はまず私と握手をしてくれ、ついで私の肩を抱きしめてくれました。とても大きい手です。帰り際、私が振り向くとロイド氏もこっちを見て手を振ってくれました。嬉しすぎて気が狂いそうでした。
その後、私は時間が許す限りフォトブースにいるロイド氏を遠くから見つめていました。ロイド氏って本当に存在したんだなと実感しました。背が高くて優しくて本当にかっこよかったです。
f:id:nishai-higadhi:20160327154543j:image

この日は最終日だったので終わるのが早く、私は4時頃にモーテルに帰ってきました。本当に嘘みたいな二日間でした。外はまだ明るかったので、せっかくシリコンバレーに来たのだからどこか観光でもしようかとも思いましたが、その時はもう満足感でいっぱいだったので日が暮れるまで部屋で余韻に浸りました。こんなに夢のような二日間を過ごすことはこれから先の人生きっとないと思います。しばらくはBTTFロスに陥りそうです。

THE END

広告を非表示にする